【1時間かかったよ】初心者がタープを張る

子どもとキャンプ・登山

日帰りでピクニックやBBQなどへ出かけると、タープを張っているグループを見かけます。

日よけになるのはもちろんのこと、「居場所」感があって、いいな~と

以前から指をくわえてそれらのグループを眺めていました。

でも、ロープワーク覚えたり、バランスとったり、難しそうね…

いや、快適で充実したキャンプを目指すには、タープ張りは避けて通れない修行だ!

と勝手に思い込み、タープ選びの旅に出かけました。(ってAmazonや)

タープ選び 正統派コールマンVS激安BUNDOK

初回のキャンプデビュー時にたくさん見かけたのはこれ。

みんなが使っているということは、良いものに違いない!(単純)

早速帰宅後に検索。

クロスポールで2本のポールで立てるから、見るからに安定していて設営しやすそう!

検索した限りでは、クロスポールのタープってコールマンだけっぽい。

(特許でも持ってるのかな?他のメーカーが真似しそうなものなのに一切見かけない)

でもお値段が…うーん結構するなあ。

安くて評判いいものはないか?目から血が出るほど検索、候補にあげたのはこちら。

仕様
  • サイズ:約4300×3500×2000mm
  • 重量:約2020g
  • 収納時:約730×110×110mm
  • 耐水圧:約1.000mm
  • 附属品:ペグ・ロープ・ハンマー

5000円程度でこの充実ぶりは素晴らしい。

さっきのコールマンの4分の1の価格!!!!!

驚くべきは、重さ。こちらも、コールマンの4分の1程度。軽いは正義です。

口コミもなかなかいいので、サクラレビュー?と思って製造元のBANDOKを調べました。

新潟県三条市にある、れっきとした国内アウトドア用品メーカーでした。

中国のメーカーだと思ってましたごめんなさい

この値段なら、うまく張れなくてもお蔵入りになっても許容できます。

早速購入してみました!!

さっそくタープの試し張り。近所の空き地へ

 試し張りの前にyoutubeで予習しましょう

テントも同様だと思いますが、以下のyoutubeでの予習が絶対に必須だと思われます!

ブログなどで紹介されているものもありますが、個人的には動画の方が全体の流れを把握しやすくお勧めです。

  1. YouTubeで「タープ」「初心者」で検索!
  2. 再生回数が多い順に並び替えて、気になるものを視聴
  3. 視聴を終えたら、必要な道具が揃っているか、不足物はないか確認

再生回数が多いものをいくつか視聴しましたが、どれも大変わかりやすかったです。

ペグの刺し方や、ガイロープの調整の仕方、風が強い時の対処法など、タープ以外にも応用できそうな知識が身に付きます。

さあ、タープ試し張りへ出発だ

自転車で5分の近くの空き地まで、試し張りへ出かけました。

ここで、改めてタープっていいなと思ったのはその軽さとコンパクトさです。

椅子も3脚、テーブルまで自転車かごに詰め込みました。

ファミリーテントは大きいので、自転車で試し張りに出かけるなんて無理~

これから、自転車で気楽にこの空き地でデイキャンプ、なんてことができるなと思いました。

(元米軍関係施設で、めっちゃくちゃ広いのです。ここがキャンプ場になればいいのに、とよく思うのですが…)

早速、タープを袋から出して広げます。

ここで私はあることに気がつきます。

なんと、タープに切り傷が…。

思い起こしてみると、段ボール開封時にカッターを使いました。どうやらその時に切ってしまった模様。

諦めのつく価格のタープを購入しておいて本当に良かったです(泣)補修パッチでのちほど補修することにします。

さあ気を取り直してタープ張りだ!

さっそくロープの結び方がわかりません。もやい結びが外れにくく、外すときにほどきやすい、と聞いてたので、スマホでもやい結びを検索しながら試行錯誤。

ハトメにロープをくくりつける。あれ?結び方どうだっけ

さあ、ロープも全部つけたし、刺しておいたペグにロープを引っ掛けてポールを立ち上げた!

と思ったら、風が吹いてペグがぽーんと抜けたり(ペグの刺し方が甘かった)

こんなことを繰り返しているうちにあっという間に完成まで1時間を要しました。

それでも何とか完成!

1時間かけて、やっとできた!

こんな非力な自分でも、アウトドア知識ゼロの私でも、女1人でも、不器用でも、やれた…!と言う感動で胸がいっぱい。

達成感!!

今回は初めてのタープ張りで要領も悪くモタモタと1時間かかってしまいました。

次回は、全体の流れも分かっているのでもっとスムーズにいくでしょう。

これで自信を持って、友人をバーベキューに誘える!

簡単にタープ張りたい場合にはワンタッチタープという手もある

タープを貼る自信がない人、またはとにかく手早く済ませたい人は、ワンタッチタープもあります。

ただ、とても重い(10キロ超えが当たり前)ので、私は一人で設営できる自信がなく手をだしませんでした。

重さが気にならなければ、こちらの方が断然早いのではないかと思います。

 横風や雨をふせぐための、サブアイテムもいろいろ売られていて、便利そうです。

まとめ

ひとまず、初タープ張りは成功しました。

タープの値段はピンキリですが、個人的には私が購入したBUNDOKはかなりおすすめです。

日差しや視線を遮る、雨除け、というタープの役割は十分に果たしてくれます。

口コミの中には「タープはいろいろ持っているけど、出番が多いのはこのタープばかり」というものもありました。

わかる!特に悪いところが見つからない!

個人的見解ではタープ選びは以下がおすすめです。お金に余裕ができたらコールマンのが欲しいのも本音(クロスポールは魅力的!)

  • 予算を安く抑えたいならBUNDOK
  • お金に余裕があればコールマンのクロスポールのタープ
  • とにかくすぐに設営できるものならワンタッチタープ

初心者による初心者のためのタープ論考が、どなたかの参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました